取引や契約に臨む時の一つのコツ

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





自分の内側のエネルギーを、意識して相手に流してみましょう。

相手がエネルギーの場の波長をこちらに合わせ始めるのを、見てとれると思います。

これを、無理に相手に何かをさせようとして行うと、相手は恐怖感を生みます。

無理に何かをさせようとすれば、抵抗するのが当たり前です。

相手は怒りや疑い、或いは嫌悪感などでその無理強いに対抗してきます。


一方、自分の内側を愛と感謝のエネルギーにして、
相手の幸せを祈る「思い」にしてに送り出し
てみましょう。

愛のエネルギーを相手に送ると、相手の波動レベルを全体的に上げることになります。

そうすることによって、相手が恐れを克服し、高次な直感に触れるように、
言葉ではなく「思い」によって促すことができます。


その人にとって一番いい道は、その人自身しかわかりません。

相手がこちらの期待とは違う選択をしたとしても、それはごく自然なことなので、
私達はそれを認めなければなりません。

ですが、可能な限り高いエネルギーレベルで相手が決定できるように、
相手を愛のエネルギーで助けることはできるということなのです。


これから取引に向かう時など、人と会う時には、自分の内側を愛と感謝のエネルギーに満たして、
相手の幸せを願ってからお会いしましょう


相手がどのような選択をするかは、相手が決めることではありますが、
少なくとも、とても良好な関係性で取引などを進める場を創生することはできます。

ことがうまく進むことや、こちらの期待通りの取引を願うよりも、
相手にとっても自分にとっても、相手の周りの人たちやこちらの会社や関係者にとっても、
みんなの幸せを願ってから場に臨む方が、状況はスムースに進みます。




⇒関連記事 [愛の波動のつながりの輪の中心に立つ]
⇒関連記事 [親しい人との関係性が変わり始めたら]
⇒関連記事 [「怒り」にまかせる言動からの卒業]


 
2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| レベルアップ仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

自分の内側に答えあり

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





目を閉じ、ゆったりと深く呼吸し、リラックスして自分の内側を観察してみましょう。

「内なる声」が静かに穏やかにメッセージを伝えてくることもよくあります。


届いてくる声は思いやりのある響きで、決して押しつけがましくない感覚できます。


仕事がハードだったり、過酷な現場であったりすると、
強迫観念があったり、気分が重くなるようなこともあるでしょう。

そういう気分で思いついたことは、
そのままそれが答えだと決めつけないほうがよろしかろうと思います。

自分の内側に視線向けて、真の自己からのメッセージを受け取ってから、
吟味なさることをおすすめします。


「モヤッ」とした感覚が、「ハッ」と気づきいてスッキリする感覚がある時は、
正しい答えを受け取れている時が多いです。

そのスッキリ感がない時は、一旦そのことから離れて、
別の何かに集中している時に真の自己からのメッセージがよく表れます。

答えを知りたい課題を一旦潜在意識に預けて、今できることに打ち込んでみると、
解決することがよくあるのです。


先行きが不安になったり、路線変更するべきか迷ったり、日々の仕事に疲れていると感じる時には、
このように自分の内側に尋ねてみましょう。

誰かに相談しても、最終的に決めるのは自分です。


ならば、自分の内側の神性の答えを呼び起こしてみましょう。

答えは内側にあります。




⇒関連記事 [真の自己の声を聞く]
⇒関連記事 [まだまだたくさんの才能が内に眠っている]
⇒関連記事 [自分の内側を調えて仕事することの大切さ]



 
2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| レベルアップ仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

日頃からしておきたいこと

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





魂を成長させる学びを知っていくということは、自分の使命を知っていくということでもあります。

それが、真の自己の喜びでもあるのです。

自分はいったい、どういうところを伸ばし、どんな点を補強していくかを知って、
魂を成長させていきましょう。


また、魂を成長させていくということは、
神聖にして大いなるところとのつながる感性を高めていくということでもあります。

自分が意図するところを「願い」として発信するのに、
その自分の「思い」が神聖なる御働きとの不調和を起こして行動することがないように
学びを深めていきましょう。

愛と感謝のエネルギーに自分の内側を調えて「発願→確信→受取」をしていくことで、
そのズレに気づくことができるようになっていくのです。


ズレが起こらないようにしていくために、
私達は自分の感情や行動に影響を及ぼしている記憶を手放していきます。

自分の内側が神聖なるエネルギーと不調和を起こすと、感情が乱れたり、体調が崩れたりして、
真の自己がその状態を伝えてくれるのでわかります。

不調和のシグナルに気づいたら、「感情解放の基本手順」を行うと共に、
自分の内側に愛と感謝のエネルギーが注ぎ込んで、内側を調え直しましょう。


また、神聖なるエネルギーから離れていると、呼吸にも乱れが生じます。

ですから、日頃から「呼吸法」により、
内側のエネルギーの潤滑な流れを取り戻すことを習慣にしましょう。


以上のことを鑑みて、日常に行うこととして、
「四つの祈り」「呼吸法」を取り入れて頂きたいと思います。

愛と感謝のエネルギーにつながり直してから選択、行動することが、
とてもスムースな流れでできます。

そして、感情の乱れの兆しを感じ取った時には、
「それは愛からか、それとも恐れからか?」と内側に問いかけ、
自分が放つエネルギー波動のズレを微調整していきましょう。




⇒関連記事 [四つの祈り]
⇒関連記事 [感情解放の基本手順]
⇒関連記事 [呼吸法]


 
2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 宇宙の原理を生かす仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
DHCオンラインショップ


140字で読む手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8

Profile




Ranking


2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!



人気ブログランキングへ

ビジネスブログランキング
ビジネスブログ100選へ


Sponsored links

Mail Magazine

無料メルマガ[役立つ仕事術]
好評配信中
メールアドレスを送信して下さい
メルマガ購読・解除
 
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能


Answer from Okina


キーワード検索 「役立つ仕事術」の回答

Categories
Recommend
Recommend
Recommend



New entries
                           
Links for Group




Archives
Recent comment
◆読者メッセージ◆






Mobile
qrcode
                             
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM