そろそろ「願望リスト」を見直してみる


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





皆さんは、「願望リスト」の内容を定期的に確認し、必要とあらば修正を加えておられるでしょうか。

トレーニング開始前に、皆さんには、100項目の願望を書き出して頂きました。

ほとんどの方は、自分の内側と語らう経験がおありではないので、
100項目書き出すことで、頭の中だけでなくもっと内に秘めた望みに触れて頂いたわけです。


その後、いよいよトレーニングを始めて、脳の働きを活性化し、
何度も自分の内側にアクセスしてきたことで、トレーニング開始前には気づかなかった本当の気持ちも
表面に出てこられたでしょうし、既に達成した願望もおありだと思います。

従いまして、「願望リスト」は時折確認して、優先順位の変更などをして頂くことが望ましいのです。


そこで、改めまして「願望リスト」作成のポイントをお話しますので、ぜひ、今の自分に
最もふさわしい「願望リスト」をもって、「発願→確信→受取」を実践して頂きたいと思います。


自分の内側にアクセスして「願望リスト」を書き出す時には、
人に邪魔されない静かなスペースを確保しましょう。

今の自分の本音で、できるできないは一切関係なく、あらゆる願望をこと細かに、具体的に
書いていきましょう。


ランダムに書き出したトレーニング開始前とは違い、今回は、
願望を次の四つに分けて書き出してみて下さい。


(質的な願望

⊃祐峇愀犬隆衙

6叛咾簓床舛隆衙

た祐崚成長の願望



第一の願望は、家、車、子供の進路やファッションなど、 ライフスタイルに関するあらゆることや、
五感(視覚・聴覚・味 覚・嗅覚・触覚)から情動まで、 感覚を満足させる全てを書き出します。


二番目の願望は、彼(彼女)・両親・子供・兄弟姉妹・職場など、
あらゆる人間関係の願望を書き出します。


三番目は、会社での評価や業績、売上などを、 個人的な観点から全てをまず書き上げます。

更に、社会貢献・文明的な貢献なども含めて、人生で実行したいこと、貢献したいことを
全て書き出します。


最後に、自分はどのように成長したいのか、何を学びたいのか、 そしてそのために
人生につけ加えたいことは何なのか、全て書き出します。


このようにして願望リストが出来上がりましたら、 書き留めた願望が達成されると、
自分の人生がどのように変わっていくかを想い描き
ましょう。。

想像とは、創造です。

トレーニング開始前は、自分の内側にアクセスすること自体が目的でしたが、今回は、
より確実に自分の望みを現実化していくことが目的ですので、願望を書き出すだけでなく、
既に達成している状況での光景と気持ちを、心の中にありありと想い描きましょう。


くり返しになりますが、「できるかできないか」は一切加味する必要はありません。

一切、不安に思う必要もありません。

子どもが夢心地で語っているがごとく、願望が現実になった場面だけを思い描くようにしましょう。

そして、五感の全てを使って、その場面を、今、味わいましょう。

状況が鮮明ではっきりしているほど、意識をうまく統一して、
今「できる」ことに取り組むこともできるでしょう。


また、これまでと同様に、このリストを寝る前と朝起きた時に読みあげましょう。

そして結果は、宇宙の原理にゆだねて、私達は「今」この時を大切にして、いつものように、
「ある」ものを生かして、「できる」ことをどんどん実行していきましょう。

出したものは必ず返ってきます。




⇒関連記事 [計画性のある仕事をするのに大切なこと]
⇒関連記事 [真の自己との親密度を上げて想像力を発揮しよう]
⇒関連記事 [願望リストをうまく活用して未来創造]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 宇宙の原理を生かす仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

学んで、学んで、学んでいく


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





学びに、これでいいという限界はありません。

どこまでも学び続け、自分を磨いて、魂を成長させていくことは、
私達がこの世界に生まれてきた大切な目的です。

自分を成長させていこうとする気概が止まると、発展の気が失われ、
「この人ならできる」という空気感が消失します。

いわゆる必要とされていない空気感が、その人から、かもし出されてしまうのです。


目標に挑戦していくということは、まだ経験していない領域を定めてそこを目指すということです。

すなわちもっと学んで、自分を高めていくということです。

まだ知らない領域への挑戦なのですから、不安も出てくるかもしれませんが、
それでもすでにそれをクリアしているところをしっかりイメージし実感することで、
すでに目標達成をしているエネルギー場に自分を置くことができます。

実感を伴う波動を伴わせて「願い」を発し、そうなっている自分がやるであろうことを今から行い、
未来を先取りして今を生きましょう。


未来を先取りするとまいうのは、すなわち「洞察する」ということです。

「洞察力」というのは、人との関わりにおいては、いわゆる「場を読むチカラ」として働きます。

「洞察力」は、「ああしてやろう」「こうしてやろう」と策にばかり頭を使っている時には働きません。

そう考えている時は、人に認められたい感が強く出て、必死だなと人の目には映ります。


策にばかり走っていると、目で見ていることに頼ってしまい、人の真意が見えなくなります。

本人としては、盛り上げようとか、いい働きをしようとか考えているのでしょうが、
必死でやればやるほど、その場で浮いてしまいます。


洞察力を働かす鍵は、「誠実」です。

今の自分に「できる」ことする、
できないならば、もっと学び、力をつけていこうという前向きで誠実な取り組みです。

謙虚に学んでいこうという気持ちが洞察する力にもなり、
「この人ならできる」という期待感として人の目にも映るのです。


もっと学び、もっと磨き、もっと高めていこうとする前向きなエネルギーが人の心にも届き、
力添えを頂く機会にも恵まれていきます。

目標達成は、魂の目的からすれば一つの通過点です。

達成してそこからどうしていくか、ここに、目標達成を次々と成している人の特徴があります。


学びに限界はありません。

魂の成長に、限界はありません。

どこまでも自分を高めていこうという気概を、私達は持ちましょう。




⇒関連記事 [「思い」と「言葉」を明るく発展的なエネルギーのものに]
⇒関連記事 [自己を成長させる喜びを感じさせる人になろう]
⇒関連記事 [現実的な行動向上と内的な成長をテーマに]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| レベルアップ仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

出来事は出来事、事実に向き合おう


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





何かを失うことを恐れていると、「不足のエネルギー場」で思考することになり、
正しい選択ができなくなります。

「恐れ」という感情とどのようにつきあえばいいのか、また
その感情からどのように解放されればいいのかは、しっかりと知覚しておきましょう。

「恐れ」を手放すには、自分が何を恐れて、恐怖感を自分の内に生み出すことを受け入れたのかを、
知覚する
ことが大切です。

というのも、恐怖心というのは連想がとても得意なので、
その根っこが何だったのかわからないようにしかけてくるからです。

その根っこを手放さないと、「恐れ」の連想はとめどなく続いていきます。

その意味において、人というのはどのよつな「恐れ」を抱く傾向にあるのかを知っておきましょう。

次にその例を挙げておきますので、自分の恐怖感の根っこを見極める目安になさって下さい。



1)これから起こることを想像する恐怖

*老化
*死
*子供の自立
*最愛の人との別れ
*無能
*退職
*孤独
*自然災害
*経済危機
*不法行為
*暴力
*暴行
*あらゆる変化
*言うに言われぬ悪寒 etc.


2)行動することに伴う恐怖

*何かを決意すること
*仕事や専門分野が変わること
*友達を作ること
*新しい職場や学校に通うこと
*人間関係の始まり
*人間関係の終わり
*恋愛の始まり
*恋愛の終わり
*痩せること
*太ること
*電話する
*人前で話す
*よく知らない人と対面すること
*性的関係を持つこと
*車の運転
*その他間違いを犯すこと etc.


3)内面の感情反応が強く伴う状況

*他人に受け入れられない
*拒絶される
*失敗する・うまくいかない
*成功する・うまくいってしまう
*自分の弱さを見る
*無力に感じる
*だまされる
*おどされる
*採用されない
*合格しない
*その他自分の印象を悪く見られること etc.


4)「自分にはどうしようもない」という結論に完了しようとしている状態



以上の四つが、「恐れ」の典型的な状態です。

「恐れ」は、一つの想像が恐怖になると、次の恐怖をどんどん連想させていきますが、
その恐怖の連想がたどり着くところは自分否定、そして何も手立てがないという結論です。(上記の4))

恐怖している対象と、まともに向き合うことができないと信じ込ませてくるのです。


また、恐怖を感じている状態に陥ると、自分の外側をコントロールして、
恐怖感を払拭しようとし始めます。

もとより外側をコントロールすることなど不可能なのですから、
仮に本人は外側をコントロールしたと思えたとしても、恐怖の根っこは依然としてその人の内側にあり、
恐怖を克服したことにはなりません。

たとえば、恐怖感から逃れようとして、嘘をついて外側をコントロールしようとしても、
嘘はどんどん上塗りされていくだけで、益々自分を追い詰めるのです。


恐怖を乗り越える唯一の方法は、その出来事にまともに向き合うことです。

事実は事実として受け入れ、これから起こることにしろ、今起こっていることにしろ、
すでに起こったことにしろ、今後どうなるかを想像するのでなく、事実に向き合うことです。

出来事は出来事でしかありません。

それを解釈しているのは、自分の選択です。

だから、出来事に想像的解釈をするのではなく、出来事を出来事として受け止め、
恐れていたことが想像であり、そんな幻想は「ない」という事実に気づくことが大切
です。


恐怖という感情は、放置すると瞬く間に増殖しますので、
恐れていることに気づいたなら、即刻手放す必要があります。

すでに、上記の3)や4)の段階までになっているなら、感情が強力に後押しして、
いろんな恐怖感が絡み合っている状態なので、自分の内側にどのようなことに恐怖を覚えているのか、
一つ一つ具体的に書き出して、明らかにしましょう。

そして、その一つ一つを「感情解放の基本手順」で手放していきましょう。


「恐れ」から自由になり、本来の自分に戻って頂きたいと思います。




⇒関連記事 [否定的な感情エネルギーは対極に変容させることを忘れずに]
⇒関連記事 [恐怖感を超えたところにある新しいステージへ]
⇒関連記事 [ 強い思い込みから自由になる]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
DHCオンラインショップ


140字で読む手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8

Profile




Ranking


2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!



人気ブログランキングへ

ビジネスブログランキング
ビジネスブログ100選へ


Sponsored links

Mail Magazine

無料メルマガ[役立つ仕事術]
好評配信中
メールアドレスを送信して下さい
メルマガ購読・解除
 
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能


Answer from Okina


キーワード検索 「役立つ仕事術」の回答

Categories
Recommend
Recommend
Recommend



New entries
                           
Links for Group




Archives
Recent comment
◆読者メッセージ◆






Mobile
qrcode
                             
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM