「思い」が先

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





日頃使う言葉の癖に、気をつけましょう

以前、オリンピックの柔道の試合で、日本の選手のコーチが大声で「こわがるな」と叫んでいました。

放送に乗るくらいの大声ですから、
当然試合中の極限の集中状態にある選手にもその声を耳にしたでしょう。

案の定、選手は最後まで技をしかけることを恐がり続けて、
「指導」を受けてポイントを取られて、結局敗戦となりました。


「恐がってはいけない」というのは、実際に「恐がる」ことを祈っているのと同じです。

肯定的なエネルギーを送り出して、
肯定的な結果を受け取るには肯定的な言葉で表現する
ことが大切です。

脳は、その言葉の善し悪しを考慮して全細胞に指令を送るのではなく、
その言葉の意味するところを記録されている通りに指令を出します。


宇宙の原理も、とてもシンプルなものです。

「出したものが返ってくる」のです。

今この瞬間に出すエネルギーが、次に受け取ることを誘う(いざなう)のです。


環境や状況を変えようとするなら、
まずは自分の思いや感情を調え直すところから始める必要があります。

自分が出す波動は、自分が願うことと共振する波動にする必要があります。

その波動のエネルギーが、自分の内側で圧倒的に優勢になっていれば、
自然に自分から流れ出ていきます。


これは、「発願→確信→受取」を仕事に取り入れている皆さんには、
一番抑えておいて頂かなければならないポイントです。

不安や不満ややっかみなど、
頭も心も、その「願い」が現実になっているところではあり得ない波動にしておいて、
いくら願っても希望通りに実現するわけがないのです。


あんなに希望していた「願い」が現実になったら、とても嬉しいし、ありがたいし、
それに喜びを分かち合える友がいて幸せだし、支えて下さった方々、応援して下さった方々に
感謝があふれる
ことでしょう。

そういう波動が自分から出ているから、その波動に合う人々と出会い、
機会を得てその波動にふさわしい現実を味わうことになるのです。


「思い」が先です。

その「思い」に合わせて脳から指令が出てそうなるような選択、行動をしていきます。

宇宙の創造の働きも、そのエネルギーに応じて進んでいきます。


この「思い」と「現実」の関係をしっかりふまえて、思う存分に「願い」、受け取って下さい。

もし受け取った現実が希望通りでなければ、その現実という事実の中に、改善のヒントがあります。

何度でも改善して、「発願→確信→受取」の流れを楽しんで頂きたいと思います。




⇒関連記事 [「思い」から始まる現実創造]
⇒関連記事 [自分が経験していくことの責任を引き受ける覚悟はできているか]
⇒関連記事 [手放された「期待」で仕事する]


 
2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 宇宙の原理を生かす仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

仕事を通して心の強さを育む

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





仕事現場は、時にまるで修行の場と化します。

裏切られたり、見捨てられたり、踏み台にされたりすることがあるかもしれません。

そんな時に自分を救ってくれるのは、自分の心

強い心とも言えますが、「信じる」という心です。

何を信じるのかと言えば、自分自身と宇宙の大いなる御働きを信じるのです。


信じていた人に裏切られれば、誰でもとても傷つき、落ち込みます。

そんな時にでも、自分自身を信じられる心、自分の可能性と宇宙の創造の原理への確信があれば、
「できる」ことからコツコツ努力を積み重ねていくことたけは続けられます。


「信じる」という心の強さを育ててくれるのは、「愛」です。

人に裏切られると、人の「愛」が信じられなくなるかもしれません。

それでも、自分だけは自分を愛することをやめない、そういう強さを育てるのです。


愛を自分の内側に育てるには、秩序ある心が大切です。

道を求め、そのように生きようとする決意は、ゆるがぬ愛へ導いていきます。


人の心はうつろいやすく、外的な刺激に反応して顔を変えます。

そんな心を調えていこうという決意。

心に平和を保とうとする工夫。

そういう志があれば、人生に起こる様々な出来事は、すべてそのような「愛」を育てる場になります。


悲しみや苦しみは、そのように心を育てる機会として現れます。

仕事をするという場は、現実的に豊かな生活を営むためでもありますが、
ゆるがない信じる心、愛ある心、秩序ある心、調和された心、平和の心を育てる
自己成長の場でもあります。

うまくいかない場面は、そのような心を大きく育てるために御計らわれます。


自分を信じましょう。

自分を愛しましょう。

そのためには、まず自分を秩序だてて、自分の内側を調和させましょう。


自分の心に平和を取り戻す組み立てをするのです。

傷つき、乱れている気持ちにある自分に、静かに優しく尋ねてあげて下さい。

「その気持ちを手放せる?」

多分、答えは「ノー」でしょう。

それでいいのです。

最初は、傷ついた気持ちを手放せずにいる自分を、自分が受け入れてあげるだけでいいのです。


何度でも、静かに優しく尋ねてあげて下さい。

「その気持ちを手放せる?」

そのようにして、自分の内に、「愛」を送り続けるのです。


これをくり返していると、ちょっとした気持ちの変化に気づける瞬間があります。

「いつまでもこんな気持ちでいるのはイヤだ。」

「こんな気持ち、もう手放したい。」


その小さな心のつぶやきを、しっかり受け止めてあげましょう。

「手放さない?どう?」


このように優しく自分に尋ね続けてあげていると、心が更に動き、
「こんなの私じゃない。」「明るい気持ちになりたい。」といったほんの少し前向きな気持ちが
顔をのぞかせます。

そうしたら、「いつ手放す?」と尋ねてあげましょう。

これをくり返していると、「今手放そうかな…」というつぶやきがもれてくる時がきます。


自分を信じてあげるというのは、こういうことです。

自分の本当の気持ちを受け止めてあげるということです。

それを続けていくと、心が少しずつ回復していくということを信じるということです。


心が傷ついてしまった機会を恨みや妬みの種にし、心を報復をする衝動に渡すこともできます。

でも、自分を育てるきっかけにすることもできるのです。

傷ついた気持ちを超えていくほど、心は強くなります。

自分を「愛する」ということは、自分を「信じる」ということだと気づきます。


出来事は出来事、それ以上でもそれ以下でもありません。

その出来事に心が反応します。

反応した心をどのように変容させていくかは、私達自身の選択に任されています。


私達は、素直な自分の心を受け止め、その声をちゃんと聞いてあげ、愛し続けて強くしていく道を
選択しましょう。




⇒関連記事 [出来事を喜びにするか、悲しみにするか]
⇒関連記事 [越えられぬ壁は見えない]
⇒関連記事 [良いところに目がいくようになって仕事する]


 
2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| レベルアップ仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

これまではこれまでとしてココから自分創造

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





皆さんは、ご自身のことを前向きな人だと思っておられるでしょうか。

それとも、否定的でネガティブな傾向があるとお考えでしょうか?

自分は否定的な人だと認識している人が、
「発願→確信→受取」で、人生や仕事を好転させていこうとする場合、
これまで否定的であった自分を責めるような考え方は決してしないで下さい。

自分を素直に受け入れ、それはそれとして、
ココからシンプルに新しい習慣を日常に足していきましょう。


すぐ否定的になってしまう強い習慣をこれまでに身につけていた事実があるわけですから、
逆に今度は、
揺るがない確信のある新しい価値観の習慣を新たに獲得することも、間違いなく可能なわけです。


脳にとっては、正しいとか誤っているとか、肯定的とか否定的とかは関係ありません。

「知覚→反復→獲得」という流れで、習慣づけしていくだけです。


簡単にできることから始めましょう。

たとえば、夜寝る前、真の自己に、
「今日も一日ありがとうございました。至らないところがあれば、寝ている間に気づきを頂き、
明日に生かされますように」
と感謝してから眠りに入ります。

そして翌朝目覚めたら、「今日も一日、得ること学ぶことがたくさんありますように。
今日お会いする方々が皆さん幸せであられますように。」
と真の自己と対話してから
一日をスタートさせます。

この習慣を取り入れるだけでも、潜在意識を活性化して仕事に入っていくことができます。


また、日中仕事をしたり、人と接している時に、気持ちが後ろ向きになったり、感情が乱れたら、
「この気持ちを手放せるか?」と、自分の内側に問いかけるようにします。

それに対しての内側の答えが、「イエス」であっても「ノー」であっても、
内側にそう話しかけることを習慣にしていると、
真の自己との連携が強まって、内的な安定感が出てきます。


他にもいろいろできる新たな習慣獲得があります。

大切なポイントは、これまでの自分を卑下したり否定したりせずに、素直に自分のことを受け入れて、
新たな習慣獲得に取り組んでいく
ということです。

続けていけば、脳がしっかり学習してくれて、新しい自分を創造していくことができます。


続きを読む >>
| レベルアップ仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
DHCオンラインショップ


140字で読む手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8

Profile




Ranking


2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!



人気ブログランキングへ

ビジネスブログランキング
ビジネスブログ100選へ


Sponsored links

Mail Magazine

無料メルマガ[役立つ仕事術]
好評配信中
メールアドレスを送信して下さい
メルマガ購読・解除
 
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能


Answer from Okina


キーワード検索 「役立つ仕事術」の回答

Categories
Recommend
Recommend
Recommend



New entries
                           
Links for Group




Archives
Recent comment
◆読者メッセージ◆






Mobile
qrcode
                             
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM