☆悲観的な状況を嘆くだけではなく

 ビジネスブログランキング
2つのランキングに参加しています!応援clickよろしくお願いします!




「出世の可能性がない」「給料が安い」など、
今の仕事への悲観的な観測を気にするなといっても、現実問題としては切実でしょう。

でもそういう状況だからといって、
全ての機会が閉ざされているということは、決してありません。

でも、もし自分がその悲観的な観測に同調して、そのエネルギーであり続けるなら、
宇宙にすれば「それが望みだ」と告げられているのと同じですから、
機会を渡そうにも渡しようがないのです。


自分にできる仕事はすべてやり、
何をする時でも、成功させようという意思と、豊かになろうという決意を込めて、
一つ一つの作業をやり遂げ
ましょう。

上司や経営者のご機嫌を取るためではありません。

やるべきことをやっていれば、上司が自分の仕事を見て、引き立ててくれるだろうと
期待したところで、たいていは当てがはずれます。

それでは、経営者にしたら、一人の優秀な人材ということどまりです。

益々その仕事をさせることを、彼らは考えるでしょう。


今の仕事を一生懸命やるというのは、
皆さん自身が今の立場におさまりきらない人になり、何になりたいかが明確になって、
「必ずそうなる」という希望と決意を持つ人になるため
です。

上司や経営者を喜ばすためでなく、
自分自身を進歩させるために、今の仕事をやり遂げるのです。


仮に今の仕事にこれ以上の可能性がないとわかったとしても、
そういう人のところに、やがて別の仕事に移る機会もやって来ます。

「進歩向上のエネルギーで活動する人間には、常に、機会を与える力が働く」
というのが、宇宙の原理です。


これが宇宙の原則を得て、チャンスをつかむための基本中の基本です。

「今の立場におさまりきらない人」は、自然の摂理により、
見合ったところへ動かされていく
のです。

悲観的な現状を嘆くのは、今のところにおさまっている人がすることです。

皆さんがすることではありません。


皆さんの内側の声が、
「自分はこんなところで満足できる人間ではない」と言っているのでしょう?

ならば、「今の立場におさまりきらない人」としての行動をしましょう。

今の皆さんには、何があり、何を更に強化できますか?

「ない」ことを見る自分と決別し、「ある」ことを拡大する人になって下さい。

そこにおさまりきらない人であることを、自分が証明して下さい。



⇒関連記事 [望みを実現する仕事にするイメージと行動]
⇒関連記事 [希望通りの仕事環境を創造する方法]
⇒関連記事 [無意識にかける心のプレッシャーを味方にして仕事する]



2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!


ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。

#miraitegamiでまとめ読み

8

| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

☆無意識のもう一つの働き「サイコ・サイバネティックス」を仕事に生かす

今までにも何度もお話しましたが、無意識は、真実と偶像を区別することができません。

ただ感情を伴い実感したことに従って、出す波動も選択する行動も決め、
そこへと向かわせます。
それが実体験であろうが、想像であろうが、無意識のシステムは同じように働くのです。

ですから、自分が望む結果が実現した時の想像が感情エネルギーを発すると、
無意識はその結果が既に出ているから現実世界で再現を要求されたものとして、
そこに向かう思考、感覚、感情、言葉を促し、
それを推進させることを引き寄せ始めます。


「知覚⇒反復⇒獲得」
という習慣形成は、この無意識の働きを味方にして、スムースになされていきます。

ところが、美容整形外科医から作家に転向されたマックスウェル・マルツ博士が、
自著「サイコ・サイバネティックス」の中で語られているように、
無意識のもう一つの働きとして、
かつての快適ゾーンに無意識に安定させようとさせる働きがあります。

このことを知らずに、目標を達成しますと、
達成したにも関わらず、無意識が元に戻ろうとして働いてしまうのです。

言わば、無意識が心のサーモスタットとして働き
例えば収入が二倍になったのに、
元と同じ金銭的なことに対する感情が働くようなお金の使い方をしてしまうことになったり、
確かに持つ物は変わったのに、生活スタイルは何ら変わっていなかったりするのです。

マックスウェル・マルツ博士は、何人もの女性を美しく変えたのに、
女性が本当に幸せになるには、
結局、重要なのは信念の方だと判断されて、この研究をなさった方です。

ダイエットをしたことがある方には、
このことを痛いほど実感なさる方も少なくはないでしょう。

無意識の力を生かすには、
この無意識の自動制御の働きの設定を変える方法を知らなければなりません。
でなければ、どんなに頑張って目標を達成したとしても、
気づけば、また元に戻ってしまいます。

自分の成長からを妨げる快適ゾーンから本当に抜け出し、
真にライフスタイルを変えるには、
それまで心地よかったことを不快なことに変えておく必要があるわけです。
そこから出ていくことが、楽しい冒険になるようにしなければなりません。


自分の人生感、成功や幸福のイメージや考えに、影響を与えたのは、誰でしょう。

どんな信念、態度、思考習慣を教えられましたか?

自分の考え方の一部になっている信仰や教義がありますか?

これらの思考や信念は、実際に成功や幸せを増やしましたか?
それとも減らしましたか?



このように自分を見つめ直し、あるがままの自分の信念の在り方を自覚します。

次に、理想の実現を阻む考え方を、新しいものに置き換えます。

ノート書き出し法を活用して下さい。


あまり深く考えずに、いいか悪いかも判断せずに、
 自分が人生に抱いている信念を20項目書き出して下さい。

その中で、変える必要があると思うものを選びます。
 何故それが正しいのかを、法廷で証言できないような不明瞭なもののことです。
 それらに対して、いつ、どこから、誰の影響でそう思うようになったか、
 明らかにします。



先の四つの質問と、この二つの質問で、
自分を制限していた思い込みを、潜在意識から意識下に持ってくることができます。

知覚できたなら、思考を変えることができます。
新しい自分にとって真に価値があることに共鳴する思考を獲得する方法は、
今回は割愛しますが、
無意識を全面的に味方にするには、
無意識が持つ心のサーモスタットの働きを設定し直すことも大切だと理解して下さい。

もし、自分を制限する信念が、両親から譲り受けたものであったとしても、
新しい信念を持つことを恐れないで下さい。

両親は心から子供の幸せを願っており、
信念を新しくするということは、両親への感謝、愛を深めることであっても、
彼らを否定することでは決してないのですから。
自分にとって価値がある新しい信念を抱くということは、
ここまで生きてきた信念を更にいいものに変化させ、成長するということなのですから。



マックスウェル・マルツ博士 サイコ・サイバネティックスの本
新しい自分をつくる本(携帯)
新しい自分をつくる本(PC)



⇒関連記事 [仕事がうまくいかなくなるよくある理由]
⇒関連記事 [不退転の決意で仕事に臨む(なぜ目標達成できないのか)]
⇒関連記事 [潜在意識で目標達成をバックアップするには]



2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

ビジネスブログ100選へ



ツイッター「役立つ仕事術」のつぶやき
http://twitter.com/kenvoice
#miraitegamiでまとめ読み
twitter2



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、ご案内を返信致します。

※ご案内はメールでお送りしますので、携帯からお問い合わせの方は、
 お受け取り頂けるように設定しておいて下さい。



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

☆仕事に新しい行動習慣を取り入れる方法

行動習慣の獲得は、次のようになされていきます。

知覚(思考)⇒行動の反復⇒獲得

知覚したことを行動に移すには、必ず感情が伴います。
興した行動を反復する際に必要なものが、意志・情熱・確信です。
そこに伴う感情が「快」であれば、反復の継続は容易であり、
「不快」の感情であれは、継続から逃げようとします。


人間の感情、心というのは移ろいやすく、
最初は「快」であっても、感情の「快」の極の手前で、逆の「不快」へ向かおうと働きます。
宇宙の調和の原理はここでも働いており、このような変化を止めることはできません。
しかしながら、意志の力を等を持ってすれば、
「不快」に向かいだしたベクトルを、再び「快」に向かわせ直すことも可能です。

そして、反復されていく行動は、やがて必ず獲得されます。

人間の行動習慣の95%は、無意識になされますので、自然と獲得されていきます。
そのように働くシステムが、全ての人にインストールされているのです。

たとえば、
「宇宙の成長の原理にあったことに快感を得る」
「進む方向が定まったら、そのために必要なことをどんどん引き寄せる」

などです。

ところが、意識された行動には、
人間が放つことができるエネルギーが、この自動システムを逆にストップさせる
ことが多いのです。

人間が放つエネルギーとは、感情・思考・情熱・意志などです。

それではこれらの私達が放つエネルギーの中で、
圧倒的な爆発力を有するエネルギーは何でしょうか?

賢明な皆さんは、もうおわかりでしょう。
そうです。
それは、感情エネルギーです。

優秀なモチベーターの方々は、
この「感情」エネルギーを見事にコントロールしていらっしゃいます。
ご自身はもちろん、全ての人の目標に肯定的な感情を伴わせることができる方々です。

彼らが何を知ったかと申しますと、
「人間というのは、自分のためよりも、人のための方が、高いモチベーションを持つ」
ということを知ったのです。

どんなに否定なさろうと、人は愛をなくして生きることはできません。
愛は、宇宙の原理そのものです。
生きているということは、愛のエネルギーの中にあるということなのです。

ただ、人は、
無限のエネルギーと共鳴する愛のエネルギーを、様々な方向に向けて出しています。
愛のエネルギーを出す方向は、大きく三つにわけるとわかりわすいでしょう。

自己愛
見返りを求める愛

見返りを求めぬ愛

では、この三つの中で、どれが最もエネルギー値が高く、
無意識に働かせることができるかと申しますと、それは、「見返りを求めぬ愛」です。

この愛は無限であり、自分の感情と結びついているなら、
自分の愛は意識せずとも人に伝わり、多くの愛を自分の元へもたらします。

ここで、自らが価値あると認めることに向かう行動を起こす時に、重要なポイントは、
「意識されたことが行動に移るには、そこに必ず感情エネルギーが合わさっている」
ということです。

従って、自分の内側で沸き上がっては消える感情を、好きなようにさせていては、
新たな行動習慣を獲得することは困難
と言わざるを得ません。
とはいっても、
中には強靭な意志力を発揮して、目標に向かって何がなんでもやり遂げる人もいますが、
それがどんなに難しいかは、皆さん自身が一番よくご存知でしょう。

もし、コーチをつけて目標達成に向かっている方なら、
「自分にとっての真のビジョン」を作り上げることを取り組んでおられるでしょう。
また、そのビジョンは、「実現可能な最大限のビッグビジョン」にするように、
助言を受けられたことでしょう。

何故だかおわかりですか?
そうです。
自分の内側にある「感情エネルギー」のベクトルを目指す方向に向けて放ち、
自己コントロール
できなければ、行動が伴わないからです。

そのためには、正しいビジョンが必要なのです。
正しいビジョンとは、そのゴールを達成したいという感情が、
自分の価値観と矛盾していないビジョン
のことです。
どうしてもそれを達成しなければならない感情的な理由もなければ、
正しいビジョンとは言えないのです。

だからコーチやモチベーターは、
達成している姿をありありと感じられるように援助しています。
そのために、現状を過大評価することなく、ありありと認識させます。

感情を「快」にして行動し続けることは、そんなに難しいことではありません。
正しい獲得の仕方を知れば、ゴールが明確になって、そのために今することがわかり、
その今することは、小さなことの積み重ねだとわかります。

たとえば、今から二時間営業電話をし続けることを課されたとして、
そのまま電話を始めるからキツイのです。
「10分集中しよう」
或いは
「一人だけ顧客フォローしよう」
といったように、「これならできる」と感情が納得することに置き変えて取り掛かるのです。

先のばしの悪習からなかなか抜け出せない人は、
こういった些細な感情コントロールを覚えるといい
です。

人間とはおもしろいもので、感情が納得して取り掛かれば、
「10分だけ」のつもりが、更に「もうあと10分」と思うようになり、
「1人だけに営業電話する」つもりが、更に「もう一人」と思うものなのです。

ゲームに夢中になっている子供に「もうやめなさい」と言えば、
「あと10分だけ」と答えるでしょう。

10分が20分になり、30分になり、勢いが出てきます。
多くの人が計画を行動に移せないのは、
行動に入る時に計画全体に意識を分散しているからです。
行動できるのは、ただ今この瞬間だけ。
この瞬間を納得する感情にしてあげて行動するのです。
10分がキツイな、1分でもいいのです。

行動は、いかに感情に左右されているかということです。

もう一つ、感情を動かし、行動を駆り立てることがあります。

感情が行動を阻害している裏には、
「楽をしたい」という人が持つ衝動が隠れています。
「楽をしたい」の正体は、「苦痛や苦しみから逃げたい」という全ての人にある感情です。

「楽をしたい」は、「苦痛から逃げたい」と共にあるのです。
この押さえがたい感情を生かすのです。
人間は、「楽だ」と思っている状態が「苦痛」に変われば、瞬間に行動を起こします。

仕事をサボっている人が、
上司が現れた途端に仕事に取り掛かる光景を見たことがあるでしょう。
だから、コーチやモチベーターは、上手に現状認識をさせます。
「このままではマズイ」という認識を持たせるのが上手なのです。

これを自分でやるのです。
それをやる理由、ゴールを達成しなければならない理由をしっかりと知覚するのです。

「知覚⇒継続⇒獲得」
という習慣獲得のサイクルを、行動面において意識的に仕事に取り入れるには、
自分の内にある爆発的なパワーを持つ「感情」と仲良くなることです。

人間の内には、
「成長したい」という宇宙の原理を働かす機能が備わっていますから、
やり方がわかれば、誰でも新しい行動習慣を獲得することができます。

以上を参考になさって、自分が価値あると認めることを獲得するに相応しい行動を、
反復、継続していき、新しい行動習慣を獲得致しましょう。


⇒関連記事 [目標達成力を上げる仕事術]
⇒関連記事 [「一度だけ」という油断の恐さ(習慣のチカラ)]
⇒関連記事 [自己改革をして仕事する]


7つの習慣―成功には原則があった!(携帯)
7つの習慣―成功には原則があった!(PC)


2つのランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選へ


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:
⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
メンタル仕事起業成功恋愛家族人間関係開運等。
お名前・相談の種類をメールして下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | - |

☆仕事仲間のいいところを見つめよう

誰だって、非難されることをとても嫌います。

「役立つ仕事術」の読者の皆さんは、真面目な方々がとても多いので、
部下や同僚のことを真剣に思っておられる方が、
たくさんいらっしゃると思います。
お仲間を大切に思うあまり、誤った行動をしていると思われる人に、
「何とか気づいてほしい」と、心を砕かれている方もきっと多いことでしょう。

相手のことを思って、正義感から注意をしたことがある方もおいででしょう。

ところが注意したり、強く相手に改善を願うと、
その行動が改善されるどころか、
益々ひどくなってしまうことがよくあります。


それは何故かと申しますと、
相手のことを思いやる善意や正義感からの気持ちや行動なのですが、
ご自身は正しいという前提での注意や思いなので、
相手には、非難されている波動として伝わってしまっているのです。

非難とは、相手の欠点や誤りを指摘することですから、
相手はそれを不当と感じ、
自分を正当化するために、あらゆる手段で反撃してきます。

好意的な評価を与えられた人は、
もっと評価を得たいと思って、更に伸びようとします。

逆に、非難されたと感じた人は、
引きずり落とそうとされていると感じていますから、
それと同じように、こちらを落としめようと企ててきたりします。


たとえば、ある人が「真剣に仕事していない」と決めつけてしまうと、
その人にしたら真剣にやっているつもりなのに、
「不当な評価を下されている」と決めつけられることになります。
これは暗黙のうちに、その人の怠惰を許可することになり、
その行動は今後も繰り返されることになってしまい、
ついには真剣に仕事することを放棄するようになってしまうでしょう。

人間は誰でも、
「人に認められたい」
「価値があると思われたい」
「重視されていると実感したい」
と思っています。
それはとても強い願望です。

特に、自分にとって大切だと思っている人からは、
「ずっと関心を持たれたい」と思っています。
ですから、それがネガティブな関心であっても、
ずっとその関心を得るために、
その行為を繰り返すということもよくあります。

しかもこれは、ほとんどの場合、無意識的に行われています。

ですから、ご自身は相手のことを思っての言動であっても、
相手がその時の自分を否定されていると感じれば、
それは非難されていると無意識に感じていますので、
それに合った行動、すなわち非難されていることを強化しようとするのです。

周りの人をどう考えるかが、自分がその人にどう関わるかを決め、
その人達が自分の人生にどう関わるかを決めます。


端的な例が、子供の成績を見る親の反応です。
その子が仮に「A2つ、B2つ、C1つ」の評価であったとします。
しかもCの科目は、前回たった一つAだった科目だとします。
親がどこに着目するかで、
その子は何を見ようとするかを無意識に決めていきます。

「まあまあだね。よく頑張った。」と言えば、
その成績を次も取ろうと無意識にするでしょう。
「もうすぐAが4つだね。」と言えば、
無意識にAが増えることを想像し、そこへ向かうでしょう。
「なぜCになっちゃったの?」と言えば、
他の科目まで成績を下げる可能性が高くなるでしょう。

部下の方々や同僚のお仲間、そして上司や親兄弟姉妹、子供たち。
批判をせずに評価して下さい。
いいところを愛でて下さい。


批判や不平不満を言う時のその裏には、
「自分はすごい」と認めてほしい気持ちが隠れているものです。
ならば、たとえ自分が納得できない行動を取る人が目の前にいたとしても、
その人のいいところに目を向けて下さい。
愛して下さい。
その人と出会えた奇跡に、感謝して下さい。


そうすれば、相手も自分のいいところを見ようとなさるでしょう。
これも一つの「出したものが返ってくる法則」です。


⇒関連記事 [仕事に価値を見出す自問自答]
⇒関連記事 [ご奉仕の心で仕事する]
⇒関連記事 [成功に不可欠な「許す心」を育てる]


シャチのシャムー、人づきあいを教える―ポジティブな...(携帯)
シャチのシャムー、人づきあいを教える―ポジティブな人間関係の驚くべきパワー(PC)


2つのランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選ビジネスブログ100選


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ sponsored by まぐまぐ
⇒PCからの登録 Email:
⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
メンタル、仕事、人生、恋愛、家族の悩み、
人材育成、リーダーシップ、職場、起業、成功法、ビジネス等。

お名前・相談の種類をメールして下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



翁。著e-book(携帯/PC共ダウンロード可能)
◆自分らしく仕事楽しみ裕福になる
STEP1 「裕福への道」 ⇒携帯・PC
STEP2 「望みをかなえる大愛の原理」 ⇒携帯・PC
*携帯でダウンロードする時は、各Bookをクリックしご登録の上、お願いします。
PCからは直接案内画面に入れます。
credit


| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

☆口論を収めて、仕事を進展させる

仕事上に、意見の食い違いはつきものです。
時に、自分の言い分が通らない時には、
それが口論に発展してしまう場面もあります。

言い争いは、真っ当なコミュニケーションにはなりません。
マイナスの効果の方が多く、
ひどい時には、感情的には三歳児のレベルにまで戻ることもあります。

そもそも人が言い争うのは、
お互い「自分の要求が満たされていない」という思いがあるからです。

次に紹介するのは、口論が始まったらいつも私が用いているエネルギー転換です。


口論に巻き込まれたら、まず口を閉じます。
そして相手の話をさえぎらずに聞きます
相手の言うことに耳を傾けます。
二、三分もすれば、相手の話は一段落します。
自分の言うことを聞いてくれるとわかれば、
どんな人でも、どんなに興奮していても、
数分で言いたいことを言い終えてしまうからです。

そして、今度はこちらが自分の考えと気持ちを言います。
この時、相手の言うことをさえぎらずに聞いたから、
今度は相手にさえぎらずに聞いてくれるように要求します。
ここがポイントです。
この瞬間、その場の流れの主導権がこちらにきます。

こちらの言いたいことも、二、三分で言い終えてしまうはずです。

今度はまた、相手が返事します。
さえぎらずに聞いて、またこちらが返事します。
このように繰り返していきます。

そして折りを見て、
相手の要求することを確認、もしくは再度こちらから尋ねます。
そして、こちらの要求を素直に、明確に、端的に話します


そして、「こうしたらどうだろうか」と仮定の提案をします。
そして、お互いの折り合い点、満足のいくポイントを出し合う
ブレーン・ストーミングにもっていきます。



いかがでしょうか?
相手の話をさえぎらずに聞くことが、
その場をこちらの主導でエネルギー転換していくことになるのです。

納得がいくまで、お互いに言いたいことを話すことを繰り返せば、
やがて必ず言い争いは終わります。
相手の言い分を、さえぎらずに耳を傾ければ、じきに怒りは消えます。

「誰かに何かを言われても、即座に否定したり、
自分を守ろうとしないで、とにかく相手の話を聞く。」


この方法を実践すれば、口論が納まるだけでなく、
「一目おかれる」というおみやげまで手に入れるはずです。
口論は、決して仕事を進展させません。


⇒関連記事 [仕事で怒りを覚えたら(「中庸」の大切さ)]
⇒関連記事 [感情が仕事に多大なる影響を与える]
⇒関連記事 [感謝の心と波動と仕事]


出会って1分で相手の心をつかみなさい 人づき合いが上...(携帯)
出会って1分で相手の心をつかみなさい 人づき合いが上手になる話し方(PC)


2つのランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選ビジネスブログ100選


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ sponsored by まぐまぐ
⇒PCからの登録 Email:
⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
メンタル、仕事、人生、恋愛、家族の悩み、
人材育成、リーダーシップ、職場、起業、成功法、ビジネス等。

お名前・相談の種類をメールして下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



翁。著e-book(携帯/PC共ダウンロード可能)
◆自分らしく仕事楽しみ裕福になる
STEP1 「裕福への道」 ⇒携帯・PC
STEP2 「望みをかなえる大愛の原理」 ⇒携帯・PC
*携帯でダウンロードする時は、各Bookをクリックしご登録の上、お願いします。
PCからは直接案内画面に入れます。
credit


| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

☆黙想(自由連想法)の仕事への生かし方〜黙想と瞑想※


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





黙想瞑想の違いについてのご質問を頂きました。
連休で時間のある方もおられると思いますので、
いい機会ですから、仕事に生かすためにも実行されてみてはいかがでしょう。

黙想瞑想についてはいろんな捉え方があると思いますが、
仕事に生かす意味では、下記のように分けてみるとわかりやすいでしょう。


黙想:特定の課題や物に意識を集中させること。

瞑想心を空の状態にし、意識を開放して、
   浮かんでくビジョン、感情、アイデア、イメージなどを受け入れ、
   知的な解釈をしないで観察すること。



黙想瞑想のどちらも完全にリラックスした状態で行うメソッドです。
仕事は、絶え間なく出来事が起こり、
自らも行動の連続を起こしていく場ですから、
意識的にそういった時間を設けないと、
自分の習慣にすることは難しいでしょう。

瞑想における心を空にすることは、すぐにできることではありませんが、
始めてみるに十分価値があるメソッドです。
今している仕事に関わったことは、魂の成長においてとても大切なことであり、
そのために大切なテーマ「自分を好きになる」ということに大きく役立ち、
仕事に取り組む心構えをポジティブなものにしてくれるはずです。

とはいえ、その境地を開くには時間がかかるので、
最初は黙想から始めるといいでしょう。

たとえば、「自分が本当に求めていること」というテーマに取り組むとします。
黙想で、「自分への愛に溢れた優しさ」という思い以外は、
全てのものを心から取り除くようにします。

ところが、普段私達の心は「おしゃべり」で、
絶え間無く判断や分析を繰り返しています。
始めて黙想をしますと、外部の音に気をとられたり、
鼻がかゆいとかいったことが気になったりします。

それを越えたと思ったら、
今度は日常の雑事や仕事の懸念事項、
人に言われた言葉や誰かの自分に対する振る舞いや態度が次々と浮かんで、
また心を「おしゃべり」にさせます。


瞑想では、これらをことごとく手放していくのですが、
黙想では一つの概念に集中していきますので、
「愛に溢れた優しさ」にその都度意識を戻し、集中するようにします。
そしてテーマにあった概念や想念の連想をどんどん発展させていきます。


焦点を保っている限り、黙想においては考えても大丈夫です。

これは日常で雑事に心を取られている時にしている思考回路の応用なので、
比較的馴染みやすいはずです。

こうして黙想を続けていますと、
やがてそのテーマの感覚を身体でも感じ始めるでしょう。
そして個人的なことから、一般的な定義を理解できるようになっていきます。

「愛に溢れた優しさ」というテーマの黙想は霊的な行為ではありますが、
これが自分の価値観の基礎に定着してきますと、
他の価値観全体が良い方向へと変わり始め、
恐怖や不安が減ったり、
忍耐・バランス・調和などが日々の仕事にも現れてくるでしょう。

少なくとも心の「おしゃべり」を静めることで、
身体の免疫機能も向上しますし、仕事に対する洞察や理解も深まるはずです。

黙想を始めますと、
それまで決めつけていた考えとは別の概念が浮かぶことも考えられます。
知らなかったことが真理で、
親しんでいたことが間違っていることもあり得ます。


また、黙想中に心の集中力が途切れ、気が散漫になることは、
ごく普通に起こることなので、
自分を批判したりしないで、ただその課題に戻るようにして下さい。

慣れてくると、まるで関係ないことを考えているようで、
実は元のテーマとつながっていることに気づけることもあるはずです。

黙想というこの思考の練習法は、
精神分析では「自由連想法」と呼ばれています。

練習すればするほど、上手に集中することができるようになります。
もしあまりにも外の世界が邪魔になる時は、
無理しないで翌日またやってみましょう。

楽しくやることが大切です。
決して、自分を縛りつけないようにして下さい。

黙想が終わり、日常に戻ったら、
その体験や気づきを記録することをおすすめします。
また、少し日数をおいて同じテーマでやってみれば、
自分の成長の軌跡に気づけるでしょう。

黙想(自由連想法)を取り入れると、
仕事に対する取り組み方を良い方向に持っていくことができるだけでなく、
仕事力そのものを向上させることに役立ちます。




ワイス博士のストレス・ヒーリング―やすらぎとパワー...(携帯)
ワイス博士のストレス・ヒーリング―やすらぎとパワーをあなたに (瞑想CDブック)(PC)




⇒関連記事 [気持ちの切り替え方-自由連想法]
⇒関連記事 [宇宙の原理が生きる仕事にする方法]
⇒関連記事 [仕事の目標達成に使えるメソッド]




ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

☆感情を仕事のエネルギー源にする

感情は、言わばエネルギーの動きです。
心と身体の中に流れているエネルギーの状態です。
暗い気持ちや悲しみや挫折を味わいたくないなら、
自ら意識的に感情を調節することです。

すなわち、
明るく、楽しく、前向きで発展的なエネルギーを誘導することです。

背筋を伸ばして、両手を上に上げて、伸びをしてみて下さい。
気持ちいいでしょう。
簡単な動作で、エネルギーの流れを変えることができます。

「気持ちいい〜!」
思わずこんな風に叫びたくなるようなことをしてあげればいいのです。

自分が気持ちよくなれば、周りの人達も気持ちよくなります。
感情は、あっという間に人から人へと伝わる
からです。

心から、
「楽しい〜!」
「気持ちいい〜!」
「しあわせ〜!」
「盛り上がる〜!」
「ありがたい〜!」

こんな風に思えるそんな感情です。

人が人にしてあげられるのは、
気持ちよさそうな姿、幸せそうな表情を見せてあげること、
それだけなのかもしれません。

楽しくてポジティブな人のそばにいれば、誰でも楽しくなってきます。
だから、まずは自分の気持ちを心地良く楽しくしなければなりません。
そうすれば、自分から出る光が周りの人も照らします。
それに、楽しいと力も出ます。

「何事も楽しい心でやる。」

まずは、ここが大切です。


⇒関連記事 [口論を収めて、仕事を進展させる]
⇒関連記事 [仕事での腹立たしさをどうするか]
⇒関連記事 [幸運の旅が始まる5(感情コントロール)]


怒りのセルフコントロール(携帯)
怒りのセルフコントロール(PC)


2つのランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選ビジネスブログ100選

amazon buy(携帯)

★無料メルマガ・役立つ仕事術★ sponsored by まぐまぐ
⇒PCからの登録 Email:
⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
メンタル、仕事、人生、恋愛、家族の悩み、
人材育成、リーダーシップ、職場、起業、成功法、ビジネス等。

お名前・相談の種類をメールして下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



翁。著e-book(携帯/PC共ダウンロード可能)
◆自分らしく仕事楽しみ裕福になる
STEP1 「裕福への道」 ⇒携帯・PC
STEP2 「望みをかなえる大愛の原理」 ⇒携帯・PC
*携帯でダウンロードする時は、各Bookをクリックしご登録の上、お願いします。
PCからは直接案内画面に入れます。
credit


| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

☆自信が持てるようになる(受け入れる方法)

「ひょっとしたら…」
「○○な気がする」
「よかったぁ」


これらの言葉が口から出る時は、
自分自身、自分を煩わすこと、今の事態などを
受け入れることができた時です。

『役立つ仕事術』は、そのネーミングからも、
比較的ポジティブな人がよく訪れて下さっています。
ここでポジティブという言葉のもたらすニュアンスですが、
単語そのものの代表的な意味が「前向き」というように理解されますので、
どこか力強くてたくましい感じを醸しています。

ですが、自分はどちらかというと自信がなくて、気が弱い方だという方も、
少なくとも「何とかしたい」というテーマをお持ちでしょう。
でなければ、「役立つ」話なんて読んでみようと思わなかったはずです。

それは、十分にご自身の中にポジティブな面が力強く根付いている、
ということですから、ぜひご自分に自信を持って頂きたいと思います。

ところで、自分になかなか自信を持てないという方には、
どちらかというと真面目な方が多いようです。
心根も素直な方が多いと言えます。
そしてこのようなタイプの方の特徴として、
人に自分をアピールしたり、熱く語ったり、
人に誇れる何かを自覚できない方が多いようです。
そのほとんどは、
「自分に自信がないから」ということに因を置かれているからかもしれません。

どこかで、「自分がそんなに認められるわけがない」
「そんなにいい話があるわけがない」
「自分のチカラなんてたかが知れている」

といった類の思い込みを持ってしまっている可能性が非常に高いと言えます。

自分がうまくいくことを、上手に受け入れられないでおられるのです。
ご自分がよくなることに、疑いを持っておられるわけです。

ひょっとしたら、
「受け入れることは難しいことだ」と思っておられるかもしれません。
ですがそれは、「(自分には受け入れることが)難しい」のではなくて、
「受け入れる」というのはどういうことかわかりにくいので、
「受け入れる方法がわからない」ということです。

でもご安心下さい。
先にお話したようなタイプの人は、元々心根が素直でいらっしゃるので、
必ずわかりますし、方法を知れば、日常がガラッと変わります。
間違いないです。
私自身が正にそのようなごく普通の、
どこにでもいるような自信がないタイプだったのですから。
(余談ですが、小学校、中学校の私の同級生達は、
きっと私のことを全く思い出せないでしょう。)

さて、それでは自分に自信を持てない人が、
自信を持てるようになる方法をお話致しましょう。

まず確認しましょう。
何かを手に入れる流れは、次の通りです。

発願確信受取

小さな子供の頃を思い出してください。
○○したい」という願望を○○する」という強い思いに変えて訴え、
それをすることしか考えられなくなって、
○○する機会を得た時には、心から喜んで感激して嬉しかった頃のことを。

もしその願望が叶わないと知れば、もう必死です。
もしお母さんが「ダメ」と言ったら、
○○してもいいでしょ?」「○○したいの」とダダをこねたり、
「じゃぁ、△△したら、○○してもいい?」と別の提案をしたり、
○○っておもしろいんだよ」「○○したら、□□になれるんだよ」と、
いかに○○することが素晴らしくて、どれだけ自分がそれをしたいのか、
子供なりに工夫したり、懇願したり、とにかく一生懸命になります。

そうやって、○○したいのにできないとなれば、益々したくなり、
もう心の中は、○○している自分でいっぱいで、
強く固く願うものだから、
イメージは、自分が既にそれを手にしていることしか見えていません。

そして、それが叶うことしか考えられなくなり、
叶った時の感動といったら、それはもう天にも昇る気分です。


このように発願を強く硬くすることが、そのことを疑わなくさせ、
受け取る準備が整います。

発願の強さが、自信を持つようになる第一です。
(⇒参考記事 [全ては発願から])

子供も私達大人も同じです。
うまくいかないことを心配するのではなく、
うまくいくことだけを強く固く願うのです。
(⇒参考記事 [願いが叶う時(直観力を養う)])

うまくいかないことを心配していると、
私達は、うまくいかない姿を映像化しています。
当然そこへ向かって、身体も心も向かっていくように無意識に働きます。
願いが実現しているところのビジュアライゼーション(視覚化)を、
意識してやるようにすること。
これが自信を持つための第二です。

(⇒参考記事 [ビジュアライゼーション(視覚化)])

ところで、うまくいかないことを心配しているということは、
うまくいくことを疑っているということです。
疑う心はどこから生じているかと言いますと、
マイナスの波動を持つ自分の思い方の癖や、考え方の癖、
それに日頃自分がよく使っている言葉の癖
からきます。
すなわち固定観念です。思い込みです。
それが心の壁となっています。

これらの癖、すなわち固定観念・思い込みが、
発願し、確信も持っていたつもりだったのに、
最後のところで受け取ることを拒否させます。
疑いを持たせ、受け入れることを拒みます。

皆さんもテレビなどで、催眠術にかかっている人が、
苦手なものをおいしそうに食べたりするのを見たことがあるでしょう。
思い込みが変われば、全く逆のことを受け入れることができるのです。

自分の望む状態をうまく行動に現したり、
受け取ったりする自信のための第三は、
「それを事実として受け入れる」ということです。


ところが意識としては受け入れているつもりでも、
思いの癖が無意識にはねのけていることがあります。
思い込みは、何度も繰り返し思い、考えたことで出来上がります。
それが習慣になり、自覚できなくなっていることが多いのです。
本当に自分は受け入れているのかどうかは、自分の感情の感覚でわかります。
受け入れていると、次のように感じたり思ったりします。

1)ホッとします。
2)何となく元気が出てきます。
3)(できるかどうかはどこかにいってしまい)
 望みが表れているところを何気に想像したりします。
4)善き事が予期せぬ時に起こったりします。


これらのことが起こっている時は、
発願確信受取のサイクルが動き出している証です。
引き寄せの法則が、自分の望む方向に働いているのです。

ネガティブな自分の思いぐせを無理に消そうとすると、
意識が逆にそこに集中されているので、それを強めかねません。
否定するのでなく、肯定するようにすることから始めて、
別のことに置き換えてあげるといいでしょう。
(⇒参考記事 [自由連想法])

また自分のどんな癖が望み実現を阻んでいるのかわからない時には、
自信をもてなくさせるネガティブな思い癖を明らかにしましょう。
それには、自分はどのようないいわけをする癖があるかが、
ヒントになります。

何かネガティブな感情が浮かび上がってきた時がいい機会です。
それを言葉にして、そこに「だって」もしくは「何故って」という言葉を、
付け加えてみて、自分は何を思っているか導き出せます。

「今日も売れない気がする」
「だって、話すと緊張するんだもの」
これを置き換えます。
それには、まず自分に尋ねます。
「日本中で、緊張するのに売っている人はいるだろうか?」
答えます。
「いる」
そして更に尋ねます。
「日本中で、今日は何人くらいの人が緊張しても売っているだろう?」
答えます。
「何万人もいる」

このようにして一般的なことに置き換えて肯定しますと、
気持ちが肯定的な方向へ動き出します。
そこで、以前に話したOn The Way方式を使って宣言文を作ってみます。

「私は、緊張していても売れつつある」

これは一例ですが、このようにして無理に自分を押さえ込まなくても、
自然に肯定的な自分へと置き換えていくことができます。
こうして作った文をアファーメーションするのです。
(⇒参考記事 [アファーメーションの活用(心の態度)])

自分が心底肯定できる文でアファーメーションすれば、
新しい思い込みを創造することができます。

こういった肯定的な思い込みは、受け取る準備、
すなわち受け入れている心の態度を作り、
日々の仕事振りを大方向転換していきます。
それは、自信に満ち溢れた新しい自分です。

他にも自信を持てるようにする方法は幾通りもあります。
まずはここに上げた三点をご参考にして、心配を喜びに変えてあげて下さい。
たまには天に向かって叫んでもいいですから。



⇒関連記事 [人間関係を育てるコミュニケーションの基礎知識]
⇒関連記事 [「できる!やれる!」は恐怖心を追い出す]
⇒関連記事 [自分を取り戻すための自問自答]



(携帯)
45分で強い自分になろう ~自信獲得プログラミングCDつき~(PC)



2つのランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。

#miraitegamiでまとめ読み

8



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |

☆「一度だけ」という油断の恐さ(習慣のチカラ)

人間の行動のほとんどは、「習慣」という無意識の力を借りたものです。
良い習慣は、確実に幸福へと私達を向かわせますが、
悪い習慣も同様の影響力をもって私達を破滅へと向かわせます。

何かを決断し、新しい習慣を身につけようとするときには、
できる限り強い印象を潜在意識に植え付けることが先決です。


そして、習慣という力は、
「もっと楽をしよう」とする性質があることを知らねばなりません。
この性質は、「自分の利得しか考えなくなる」
「高慢になる」
「なすべきことをなさなくなる」
「礼節を忘れる」

という、善きものを遠ざける四つの悪習慣に陥りかねませんので、
よく注意をせねばなりません。

また、新しい決断を簡単に突き崩す誘惑が、
「一度だけ」という甘い囁きです。
「一度だけ」という考えが、他の何よりも決意を崩します。
それに屈したなら瞬時に決意にほころびが生じ、
いつか必ず決意を崩壊させます。


逆に、誘惑に打ち勝つ度に、決意は強まります。
ですから決意したなら、即刻行動に移し、
でき得る限り頻繁に行動する
ことです。

行動続けている限り、迷いはそこに入ることができません。
行動する度に、決意は益々固まります。

心理学でよく用いられるたとえですが、
折り目がある紙はたたみやすいように、
心に良い習慣をつけることが、
より容易に善きものを引き寄せる行動に結びつくのです。

決して「一度だけ」の誘惑に負けることなく、
新しい善き習慣を身につけることが大切にしていきましょう。



⇒関連記事 [習慣形成のことを知る]
⇒関連記事 [仕事に創造性を発揮する]
⇒関連記事 [善きことを引き寄せる仕事の心構え]


(携帯)
思考は現実化する(PC)



2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ


ツイッター「役立つ仕事術」のショートヒント
http://twitter.com/kenvoice
#miraitegamiでまとめ読み



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

☆「できる!やれる!」は恐怖心を追い出す

恐怖は、心配・嫌悪・嫉妬・悪意・焦り・不幸・失敗などの生みの親です。
自由になる唯一の方法は、恐怖を根こそぎ引き抜くことです。

恐怖に栄養を与えるのをやめ、餓死させるのです。
「恐れを知らない」環境では、恐怖は生息できません。

「恐れを知らない」思いは積極的で、勇気で溢れます。

「でも」「もし」「かもしれない」「恐い」「できない」などの、
臆病な暗示こそが恐怖の栄養です。
「私は恐くない」という宣言(アファーメーション)をすれば、
恐怖が存在することを前提にしていることになってまうので、
「私は勇気に満ちている」
「私は勇敢である」と、堂々と言うのです。
「勇気」を眼前に置き、「勇気」を語り、「勇気」を行うのです。

成功している人は、皆、「できる」「やれる」の世界にいます。
自信に溢れ、恐れを知らず、期待にみなぎり、
「できる、やれる」という思いと宣言と行動が強力な磁石になり、
成功に必要なものばかりを引き寄せ、全てがうまく運びます。
潜在能力を表に出して、外からも助けを呼び寄せます。

逆に才能があっても、「できない」という心の態度は、
「できない」人やものを引き寄せ、自分のチカラが出るのを妨げます。

「できる、やれる」という思いを日常化するのです。
明るく発展的で、積極的で、幸せな念の流れを、今、送り始めるのです。

「できる、やれる」と考え、「できる、やれる」と夢を見て、
「できる、やれる」と語り、「できる、やれる」を行動に移すのです。


「意・口・行」「できる、やれる」の世界で生きていれば、
知らないうちに新しい波が動き出し、結果を確信し、新しい発想に気づき、
「できる、やれる」を助ける人・モノ・金を引き寄せます。
「できる、やれる」世界の仲間に加われば、
何事も快く感じ、よりよく行動し、よりよく見て、
より良い自分になっていきます。

闇を消す唯一の方法は、ソコに光を当てることです。
同様に、恐怖・不安を消す方法は、そこに「勇気」の光をあてることです。


私達の前には、実現を待っている多くのことがあります。
心を新しい念の習慣になじませることで、
自分を悩ませていた古い消極的な念を消すことができます。

「できる、やれる」を標語にして、
「恐れを知らない」自分が、「できる」と思うことからやっていく行動は、
変化した自分の心の態度が、いかに障害物を片付け、
ものごとを楽にしてくれるかを知らせ、驚かせてくれるでしょう。

Yes! We Can!



⇒関連記事 [想像力を生かし、仕事に自信を持つ]
⇒関連記事 [自信が持てるようになる(受け入れる方法)]
⇒関連記事 [不満・怒り・罪悪感・不安を消し去る方法]



(携帯)
45分で強い自分になろう ~自信獲得プログラミングCDつき~(PC)



2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
ビジネスブログ100選へ


ツイッター「役立つ仕事術」のショートヒント
http://twitter.com/kenvoice
#miraitegamiでまとめ読み



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



| 心理学応用仕事術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
DHCオンラインショップ


140字で読む手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8

Profile




Ranking


2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!



人気ブログランキングへ

ビジネスブログランキング
ビジネスブログ100選へ


Sponsored links

Mail Magazine

無料メルマガ[役立つ仕事術]
好評配信中
メールアドレスを送信して下さい
メルマガ購読・解除
 
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能


Answer from Okina


キーワード検索 「役立つ仕事術」の回答

Categories
Recommend
Recommend
Recommend



New entries
                           
Links for Group




Archives
Recent comment
◆読者メッセージ◆






Mobile
qrcode
                             
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM