心を上手に切り替えて


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





否定的な妄想が頭の中に次々に出てくる時は、即刻、「手放すプロセス」に入りましょう。

それは、記憶がさせていることなので、感情エネルギーをゼロフィールドに戻し、
自分の「思い」がつながるエネルギーを変容して、愛と感謝の波動のエネルギーに調え直すのです。


現実的な仕事というのは、いつも順調に進んでいて、精神状態も最高で、
すべてが至極順調というのはまずありません。

うまく運んだり、障害が立ちふさがったりいろいろです。


晴れの日もあれば嵐の日もある仕事現場で、気持ちが落ち込んだ時に心を立て直すことに、
上手になって頂きたいと思います。

心のコントロールに長けるというのは、社会的に成功するために、代表的な資質の一つです。

心の切り替えがあまり上手ではないなら、地道にここから、そういう自分を育てて頂きたいと思います。


自分の感情を知覚する都度、その感情エネルギーをゼロフィールドに戻していくのです。
「感情解放の基本手順」

そうすることで、心の切り替えがうまくなっていきます。




⇒関連記事 [なかなか仕事に前向きになれない時には]
⇒関連記事 [気持ちの切り替えに大切なこと]
⇒関連記事 [心をスッキリさせて仕事する]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

苦手意識を克服する


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





人には、何かを取り去れば、無意識にそこに替わりの何かを入れようとす習性があります。

これを、「置き換えの法則」と呼ぶ人もいます。


ですから、ここでよくお話している「手放すプロセス」を行なったら、
そこに明るくて前向きな「思い」を入れていくことも忘れないようにしましょう。

そのままにしておくとまた元のように、すでに癖になっている否定的な考えや情報を
入れようとしてしまいます。


思い込みや恐怖心を手放したなら、そこにポジティブな言葉や情報を意識的に入れて、
置き換えるようにするわけです。

たとえば、人に何かを頼むことに恐怖がある場合なら、

「頼むのが恐い」
→「皆、何かを求めている」
→「ならば、自分から先に与えよう」
→すると、相手もお返ししたくなる

といったストーリーを想像してみるのです。

これを、アファーメーションなどを取り入れて、集中して入力していくと、
より確実に、新しい思考習慣を獲得することができるでしょう。


何か苦手意識があることを実行しなければならない時にも、
手放すことと前向きな情報入力をすることで、
自分の内側がから出てくる否定的な感情を変容することができます。


自分の内側を変容するプロセスを始めたら、次に大切なのは、行動です。

行動は恐怖を圧倒します。

人は、行動しながら恐怖し続けることはできないので、
手意識があることには、行動して「動のエネルギー」を流しておくようにするのです。


苦手意識は、あれこれ考え過ぎて、自分で増幅していることがほとんどです。

だから、いかに明るく楽しく前向き発展的に行動に入るかを工夫するわけです。


そのために、好奇心が恐怖より上回れば行動するのが人間なので、
興味あることに意識を向けることが大切です。

誰でも、それが初めてのことにはぎこちないし、かつて失敗したことがあって苦手意識を持っていれば
後ろ向きになるものです。

ドキドキしたり、緊張したりもします。


ですが、その本来の楽しさは、やってみなければわかりません。

だから好奇心を喚起して、小さな成果を少しずつあげていき、好奇心を増幅していきましょう。


大きな仕事を成し遂げるというのは、小さな成功の積み重ねです。

これならできそうだと思うことから始めて、小さな成功を積み重ねていきましょう。

それが自分の内側に強い自信を育てていきます。




⇒関連記事 [自分らしく喜べる目標を決めよう]
⇒関連記事 [どんな動機づけで仕事をしているか]
⇒関連記事 [人から頂く助力も引き立ても、自分の気持ちと行動次第]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

初めてのことに気持ちが萎縮しているなら


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





初めてのことに取りかかる時には、それなりの恐怖心があっても、それはごく自然なことです。

しかしながら、たとえその経験がない、もしくは乏しいとしても、
恐怖心に打ち勝たなければ前に進めません。

恐怖心を鎮(しず)める一番は、
その初めてのことに対してどういう恐怖感を抱いているのかを明らかにすることです。

たとえば、「私は○○したいが、△△を想像すると恐くなる。」といった具合に明らかにします。


次に、五感に意識を持っていって、
その恐怖に身体のどの部分がどんな風に反応をしているか認識します。

初めてのことに対しての恐怖は、まだ起こってもいないことへの幻想なので、
意識を「今」に戻すのです。

私達が現実として対処できるのは、「今」だけです。


ところで、その恐れを知覚したからといって、誰かに同意を求めるのはよろしくありません。

他人の主観は、事を混乱させるだけですので、客観的な事実のみを認識しましょう。


そして、意識を「今」に戻し、事実を事実として受け入れたなら、
改めて望む結果をイメージしましょう。

「ない」ことに意識がとらわれて恐怖していたのを、
今「ある」ことに意識を戻すことで、思考が「充足のエネルギー場」でなされることになります。


このようにしてもまだ恐怖心がおさまらないなら、
思い切って、考えられる最悪の事態を明らかにしてみましょう。

すると、不思議に、恐怖心は弱まります。


たとえば、人に何かを頼む時、恐怖心が顔を出し、ドキドキしたりしますが、
「頼んで断られたとしても、元々ないものを頼んでいるのだから、そのままだというだけで、
何かが変わるというわけではない」といった具合に、最悪の事態に起こる事実を明らかにするのです。

元々「ない」のですからから、失いようがないわけです。


この境地になれたら、真逆の最高の事態は、どんなものかも考えてみます。

加えて、一番起こりそうな事態としては、どんなことが考えられるかにも思考を巡らしてみましょう。

以上の二つが明らかになると、恐怖心は益々消えていき、
奮起し勇気を出して行動を起こしたら、恐怖心は消滅していきます。


初めてのことや経験が少ないことをやることになったのは、
それだけ自分が成長してきたということ
です。

大きなチャンスが来ていると思って、心を上手に動かしその機会を楽しんで頂きたいと思います。

超えられぬ壁なら、そこに壁があることにすら気づかないのです。

超えられる時が来たのです。




⇒関連記事 [不満・怒り・罪悪感・不安を消し去る方法]
⇒関連記事 [今「できない」は、望みを手にするのに関係なし]
⇒関連記事 [潜在能力を引き出して仕事する]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

自分が認められる自分でいよう


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





自分本位の欲望に負け、本来の自分ならやるはずもないことをする衝動を抑えきれず、
自分でないかのように感じる時があります。

マズローの五段階の欲求にも登場する「承認」に関する感情が過剰に強くなっているとしたら、
この状態になり、後で後悔するような行動をとりかねません。


過剰な「認められたい(愛されたい)」という「思い」の対極は、
「認めたい(愛したい)」という強い「思い」です。

「認められたい」と強く思っているのは、「認められていない」と感じている自分がいるからです。

意識の焦点は自分に向き、自意識が強くなっています。

なので、人が自分をどう思っているか過剰に意識してしまいます。

その結果、他人の思惑にコントロールされて、
本来の自分とは違う「自分本位」を、やらされてしまいます。


この状態で長くいると、他人に好かれようとして、言いなりになったり、責任を負い過ぎたり、
人の仕事まで引き受けたり、裏切られたりもするでしょう。

対極となる行動としては、承認をわざと遠ざけるような振る舞いをすることになります。


自意識が強い状態であるのは、「認められたい」と強く感じている時と同じです。

意固地になって、簡単に同意すればいいことも拒否したり、
人が自分を好いていないと確認しようとして、人を裏切ったりもするので、
かなり危険な状態だと言えます。


もし、責任回避したり、わざと自分の人気を下げるような振る舞いをしたりすることがあるようなら、
ほぼこの状態であると言えましょう。

自分には「愛を十分に与えられていない」と感じている時に、対極の「愛したい」と思う感情になり、
自己犠牲的に貢いだり、わざとその人のことを困らせるような時と似ています。


愛を実感できずにいるのに、愛しているような行動を取るわけです。

人の感情を過剰に意識し、自己放棄している状態です。


心では「嫌だ」と思っていることにも同意し、裏切られても、「その方がいい」と思って、
相手の言う通りのままになったりもします。

認められたいという欲求が強すぎるばかりに、物事の自然の働きを無視することになり、
頑張ってやればやるほど、何ともしがたい状況に追い込まれてしまいます。


とても危険な状態の一歩手前なので、まず一旦、
認められたい、もしくは認めようとする感情を手放しましょう。

あるがままを受け入れることができるニュートラルな状態に自分を立ち戻らせなければ、
正確な判断ができず、
自分ではない別の何かにコントロールされた状態から抜け出せなくなってしまいます。


自分の内側と向き合い、愛と感謝の言葉で内側の真の自己と語らう時間を取りましょう。

良い「気」があふれる場を訪れて、清涼で神聖な気に触れましょう。


こんなのは本当の自分ではないと思えている今のうちに、認められるとか認められないなどを超えて、
真の自分の目的のために頑張れる喜びを取り戻して頂きたいと思います。

他人をコントロールして、私利私欲に自分を明け渡してしまっている人に、
大切な自分の将来を預ける必要はどこにもありません。

「四つの祈り」を強化して、神聖にして大いなるところとのつながりに立ち戻って頂きたいと思います。




⇒関連記事 [ 人に否定されて気が滅入ったら]
⇒関連記事 [ 限界を感じた時に大切なこと]
⇒関連記事 [他人のエネルギーを奪うタイプの人と出会ったら]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

出来事は出来事、事実に向き合おう


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





何かを失うことを恐れていると、「不足のエネルギー場」で思考することになり、
正しい選択ができなくなります。

「恐れ」という感情とどのようにつきあえばいいのか、また
その感情からどのように解放されればいいのかは、しっかりと知覚しておきましょう。

「恐れ」を手放すには、自分が何を恐れて、恐怖感を自分の内に生み出すことを受け入れたのかを、
知覚する
ことが大切です。

というのも、恐怖心というのは連想がとても得意なので、
その根っこが何だったのかわからないようにしかけてくるからです。

その根っこを手放さないと、「恐れ」の連想はとめどなく続いていきます。

その意味において、人というのはどのよつな「恐れ」を抱く傾向にあるのかを知っておきましょう。

次にその例を挙げておきますので、自分の恐怖感の根っこを見極める目安になさって下さい。



1)これから起こることを想像する恐怖

*老化
*死
*子供の自立
*最愛の人との別れ
*無能
*退職
*孤独
*自然災害
*経済危機
*不法行為
*暴力
*暴行
*あらゆる変化
*言うに言われぬ悪寒 etc.


2)行動することに伴う恐怖

*何かを決意すること
*仕事や専門分野が変わること
*友達を作ること
*新しい職場や学校に通うこと
*人間関係の始まり
*人間関係の終わり
*恋愛の始まり
*恋愛の終わり
*痩せること
*太ること
*電話する
*人前で話す
*よく知らない人と対面すること
*性的関係を持つこと
*車の運転
*その他間違いを犯すこと etc.


3)内面の感情反応が強く伴う状況

*他人に受け入れられない
*拒絶される
*失敗する・うまくいかない
*成功する・うまくいってしまう
*自分の弱さを見る
*無力に感じる
*だまされる
*おどされる
*採用されない
*合格しない
*その他自分の印象を悪く見られること etc.


4)「自分にはどうしようもない」という結論に完了しようとしている状態



以上の四つが、「恐れ」の典型的な状態です。

「恐れ」は、一つの想像が恐怖になると、次の恐怖をどんどん連想させていきますが、
その恐怖の連想がたどり着くところは自分否定、そして何も手立てがないという結論です。(上記の4))

恐怖している対象と、まともに向き合うことができないと信じ込ませてくるのです。


また、恐怖を感じている状態に陥ると、自分の外側をコントロールして、
恐怖感を払拭しようとし始めます。

もとより外側をコントロールすることなど不可能なのですから、
仮に本人は外側をコントロールしたと思えたとしても、恐怖の根っこは依然としてその人の内側にあり、
恐怖を克服したことにはなりません。

たとえば、恐怖感から逃れようとして、嘘をついて外側をコントロールしようとしても、
嘘はどんどん上塗りされていくだけで、益々自分を追い詰めるのです。


恐怖を乗り越える唯一の方法は、その出来事にまともに向き合うことです。

事実は事実として受け入れ、これから起こることにしろ、今起こっていることにしろ、
すでに起こったことにしろ、今後どうなるかを想像するのでなく、事実に向き合うことです。

出来事は出来事でしかありません。

それを解釈しているのは、自分の選択です。

だから、出来事に想像的解釈をするのではなく、出来事を出来事として受け止め、
恐れていたことが想像であり、そんな幻想は「ない」という事実に気づくことが大切
です。


恐怖という感情は、放置すると瞬く間に増殖しますので、
恐れていることに気づいたなら、即刻手放す必要があります。

すでに、上記の3)や4)の段階までになっているなら、感情が強力に後押しして、
いろんな恐怖感が絡み合っている状態なので、自分の内側にどのようなことに恐怖を覚えているのか、
一つ一つ具体的に書き出して、明らかにしましょう。

そして、その一つ一つを「感情解放の基本手順」で手放していきましょう。


「恐れ」から自由になり、本来の自分に戻って頂きたいと思います。




⇒関連記事 [否定的な感情エネルギーは対極に変容させることを忘れずに]
⇒関連記事 [恐怖感を超えたところにある新しいステージへ]
⇒関連記事 [ 強い思い込みから自由になる]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

悩みの根本的な原因となる記憶を手放そう


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





人生に悩みはつきものです。

悩みの原因としては、だいたいが次の5つに集約されます。


]靴い魎泙狎源爐亡悗垢襪海
⊂祿欧魎泙狄歓箸侶鮃に関すること
7从囘なこと
の愛を含む人間関係に関すること
ダ犬甲斐を感じれるような自分がやりたいことができていないこと


今悩んでいることの根っこは、どこにあるでしょう。

それを具体的にすることができれば、そのことに関する潜在的な記憶を手放すことで、
悩んでいたことに対する感情エネルギーを減じていくことができます。


人に悩みを話すことで、感情エネルギーを放すこともできます。

でも、話す相手は慎重に選ばないと、逆にそのエネルギーを助長してくる人もいます。


もちろん、自分自身が自分の内面を見つめ
潜在意識に隠れている根本的な手放すべき課題を見つけることもできます。

もし、怒りを伴う抵抗が、感情として表面化してきそうなことがあれば、
それこそ手放した方がいい記憶による感情だと思われます。

その感情を、即刻手放しましょう。


「感情解放の基本手順」により、感情エネルギーをゼロフィールドに戻し、
ありのままの自分を見つめ、率直に事実を事実として受け止めることができたなら、
先の五つの項目の何に強い思い込みがあるのかが見えてきます。




⇒関連記事 [悩ましい状況から自分を救えるのは自分]
⇒関連記事 [悩みの雲を晴らしたいと思っている人へ]
⇒関連記事 [怒りや葛藤がある時は、自分を見つめ直す良い機会]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

不満や怒りでやる気が高まった時の注意点


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





自分がどのような選択をするかで、未来に進む方向は違ってきます。

当然ながら、その結果もたらされる未来の現実も変わってきます。

どのような選択をするか、すなわち何を意図して選択していくかは、
すなわちどのような流れで仕事を進めていくかということでもあります。


意図には、大きなパワーがあります。

意図の取り扱いには十分注意しましょう。

気に入らないから、納得がいかないからといって、自分を不幸にするエネルギーの意図で選択すれば、
その先にはとんでもない現実が待っています。


いつも、何を意図して選択しているでしょう?

その意図を出した時のエネルギーが、それに共振することを連れて返ってきます。


真の自己が望む意図は、決して波動が低いものではありません。

怒りやねたみ、そねみ、不満などは、波動の低い「思い」です。

それらの感情は手放して、波動の高い意図で目標を設定するようにしましょう。

自分自身を光の中に見て、自分以外の全ての人も光の中に見て、目的を定めましょう。


怒りや不満が起爆剤となって、圧倒的なエネルギーで行動することはあります。

しかしながら、それらは起爆剤にはなっても、
目標を達成していく継続的なエネルギーにはなり得ません。

怒りや不満がある現状がきっかけで、燃えて行動するのはいいのです。

しかしながら、自分の理想と目的を明るく発展的な未来のために爆発的に行動する時の燃料は、
理想や目的を成し遂げるという希望であることを忘れてはなりません。


ここのところを、よく理解しておきましょう。

ずっと怒り、不満タラタラで、理想にたどり着くことは、決してないのです。




⇒関連記事 [今何を選択し、どう動くか]
⇒関連記事 [最優先すべきは、自分の内を愛と感謝のエネルギーで満たすこと]
⇒関連記事 [愛のエネルギー場で仕事するか、それとも恐れのエネルギー場に引きずられるか]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

感情に翻弄される日々からの脱却


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





全てはエネルギーです。

エネルギーは、対極とのバランスを調えようとして、流れを生じさせます。

私達が発する感情エネルギーもまた、この対極調和の働きに準じています。


私達はエネルギーを放つ存在なのですが、
私達の心が、愛と感謝の波動にあると、エネルギーはいいバランス状態にあります。

エネルギーが最適に流れる状態です。


また、気持ちが高揚している時は、他方の気持ちの消沈を覆い隠します。

気持ちが沈んでいる場合もまた同様で、他方の高揚感のエネルギーが陰にたくわえられます。

片方に偏った状態を長く強く保つということは、
その逆のエネルギーも、同じく強くたくわえることになります。

そして、どちらかの極のエネルギーがある程度まで多くなりますと、
バランスを保ち直そうとする流れが発生します。


一方の極に偏った感情の状態は、やがて「不安」や「恐れ」という感情として知覚されます。

すると、バランスの取れている状態にするべく、均衡を保ち直そうとする働きが生まれます。

愛することを行うと、素晴らしい幸福、富などを受け取る力が高くなります。


しかしながら、一極に偏った状態が永遠に続くことはありません。

だから、喜怒哀楽いろんな感情を味わって、バランスが取られた状態にしていきます。


感情的な人は、感情に翻弄されることが多いでしょう。

人生・ビジネス・仕事・恋愛などにおいて、感情エネルギーの特質をよく理解していなければ、
様々な出来事に翻弄されることでしょう。

感情は意識・エネルギー・富を浪費しますので、浮沈の激しい人生になるでしょう。


一方、感謝・愛は意識・エネルギー・富を構築し、より繁栄させます。

だから、自分の内側に愛と感謝の言葉で語りかけ、内側の波動を調えることはとても重要です。


人生や仕事は、螺旋状に上昇していきます。

良いこと良くないこといろいろ取り混ぜて経験していきながら、上昇していきます。


ですから、一局面だけにとらわれ過ぎると、
その局面に触発されて生ずる感情で、他の景色が見えなくなるので、十分注意しましょう。

進む道は、螺旋状に目的に向かっていくので、自分はどこに向かっているのかを、
いつも明確にしておくことが大切です。


局面で生じる感情に選択のコントロールを渡すと、
歩みを止めて、そこに留まろうとすることもあるでしょう。

その局面によっては焦りを感じて、一気にまっすぐ上に昇ろうとし、
ゴールまでに得る予定のギフトを受け取りそこねてしまうかもしれません。


そこにたどり着くまでに学ぶこと、得られることをやり過ごしてしまうと、
やり過ごしたところへ戻ろうとする力が働き
ます。

焦って事を進めると、元々のペースで経験する予定だったことを短期に経験することになるので、
いろんなことが、まとめて起こってしまい、プレッシャーに押しつぶされそうになるかもしれません。


感情は一時的なものです。

愛は永遠です。


感情エネルギーに翻弄されるのではなく、愛の光を放つ自分でありましょう。

愛の光を閉じ込めると、世界が自分をコントロールし始めます。

愛の光を放つと、自分が世界をコントロールし、支配します。


感情を穏やかにする方法を知っておいて下さい

すなわち、「感情解放の基本手順」を行い、自分で自分のエネルギーをコントロールしましょう。

感情のバランスが崩れると、放つエネルギーにも乱れが生じますので、
改めて感情エネルギーをコントロールし直すことが重要です。




⇒関連記事 [感情の取り扱い方を知って仕事する]
⇒関連記事 [感情的能力を仕事に生かす]
⇒関連記事 [決意したことを貫くには感情の取り扱いがカギになる]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

気持ちを落ち着かせるには


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





精神安定剤を服用すれば、頭でその存在を認知しても、心を反応させなくしてくれます。

ですが、抱えている心の問題、不安症には、それだけでは解決できないこともあります。

高度な治療や薬が必要な場合もありますが、そこまでの処方をしなくても、
私達が内側に持つ機能の働きを生かすことで、十分対応できるケースも多々あります。


たとえば、自分が何かを意図してやっている時に、
外からの刺激に無意識に反応したり、自分の意図を邪魔されたりすると、
その瞬間に感情が外側の事象にコントロールされてしまいます。

すると、イラっとしたり、気分を害されたりする感覚を味わいます。

複数のことを一度にやろうとする、もしくは、自分の外部の変わらないことを変えようとすると、
ストレスが瞬間的に高まるわけです。

自分が何かにコントロールされている状態に陥ってしまい、メンタリティのバランスが崩れるのです。


日常生活においては、パブロフの犬の話でよく知られていますが、
心理学用語でいう「条件づけ」によって、私達の多くの行動が反射的に行われています。

ですが、その反応を始めた時には理にかなった意味があった習慣的な反射行動であっても、
その後は何の意味もなさないことにも、条件反射をしていることも多々あるのです。

パブロフの犬が、ベルが鳴れば食事が出されるので、唾液を出して準備するようになり、
その後食事が出なくても、ベルが鳴ればいつも唾液を分泌するようになったようにです。

でも、私達は人間ですので、獲得したいらない習慣を手放すことも、
今の自分にとって大切な新しい習慣を獲得することも可能
です。


たとえば、「知らない人についていってはいけない」
と、いつもいつも親に言われてきた子供は、自然に知らない人に警戒するようになります。

これはもちろん、幼い命を守る大切な習慣です。

でも、大人になってもその反応が強く働き過ぎていると、危険回避反応が強く出過ぎて、
人見知りになったり、中々友達や恋人ができなかったりします。


私達には、このような書き換え、置き換え、もしくは手放すことが必要な記憶がたくさんあります。

このような記憶による抑圧から逃げたい衝動が襲う場面に出くわした時に、
最も顕著に見られる反応の一つが、逆切れです。

抑圧されて萎縮した時の反応の裏返しです。


緊張して萎縮する時には、身体を動かせば、緊張は和らぎます。

怒りが込み上げたなら、ゆっくり10数えると、怒りで強張った心身の緊張が和らぎます。

大切なのは、硬直した心身を「リラックス」させることなのです。


条件反射というのは、そのスイッチが押されたら、瞬時に反応してしまうので、
その瞬間をキャッチすること、瞬間的にその反応を止めることは難しいでしょう。

それでも、身体を動かしたり、10数えたりして、ほんの少し反応を遅らせることを
意識的に行っていくと、やがて新しい習慣として獲得それていく道筋ができます。

「知覚⇒反復⇒獲得」です。

人間は、筋肉が完全にリラックスしている状態では、怒りや恐れの感情を持てないのです。


精神安定剤を服用すれば、確かに心の反応を遅らせることはできますが、一番の問題は、
その選択に頼り過ぎてしまうことです。

私達人間には、心身を動かすことによって、心の反応を調整できる機能が備わっていることも
覚えておいて下さい。

意識の焦点をどこに合わすかで、心の状態を自分で動かすこともできるのです。




⇒関連記事 [恐怖心を手放して仕事するには?]
⇒関連記事 [ 不安からの脱出]
⇒関連記事 [悩みを抱えながら仕事をしている人へ]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

批判的な人はどこにでもいる


ランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!





自分を信じて、仲間を信じて仕事に励んできたのに、心ならずも批判を受けることがあります。

「批判」というのは、どこにでも転がっています。

今は、ネットでの批判もありますので、万が一の批判に対しての心構えも学習しておきたいところです。


「批判」が自分に対して破壊的な力を発揮するのは、その批判をそのまま受け入れた時です。

そこで、一つ覚えておきましょう。

批判をぶつけられたら、「ご指摘ありがとうございます」と返すのです。


批判をしかけてくる人が期待しているのは、その次に続く「議論」です。

その人は、議論をしかけてきているのです。

このタイプの人はけっこうおられるのですが、
人からエネルギーを吸い取って自分のエネルギーを補充しようとするタイプの人に、
この傾向が強く見られます。

批判をすることで自分に注目させようとしかけて、自分のエネルギーを補完しようとするわけです。


彼らは、こちらのエネルギーを吸い取るための目に見えないチューブを伸ばしてきます。

彼らの批判に波動を合わせると、そのチューブを自分につなぐことを許可することになり、
吸血鬼のように、こちらのエネルギーを奪いにかかってきます。

なので、「ご指摘ありがとうございます。」と、受け流すのです。


私達は、いかなる状況にあっても、自分の態度は自分で選択できる自由があります。

彼らのしかけに、みすみすハマる必要はありません。


批判を持ちかけてくる人は、感情をかき乱すアプローチで、コミュニケーションをしかけてきます。

冷静に観察すれば、こちらのエネルギーを奪いにくる人のしかけは、ほほ似通っていますから、
そこは冷静になって対処しましょう。


指導者やリーダーの立場で仕事なさっておられるなら、批判的なアプローチでの指導は厳禁です。

不必要な劣等感を植えつけかねないアプローチは、絶対にやめましょう。

批判ではなく、建設的な提案をするようにしましょう。

子供たちに注意する時も、同様です。


以上のことをご参考にして頂いて、「批判」に対してどのように対応するか、
あらかじめ心の準備をしておきましょう。




⇒関連記事 [感情を乱そうと仕掛けてくる人にご用心]
⇒関連記事 [批判的になる癖を改めて仕事する]
⇒関連記事 [仕事で否定的なフィードバックを受けたなら]


 
ランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録解除

[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



140字で読む未来からの手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8



| 仕事のメンタル | 00:00 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
DHCオンラインショップ


140字で読む手紙。
#miraitegamiでまとめ読み
8

Profile




Ranking


2つのランキングに参加しています!
応援clickよろしくお願いします!



人気ブログランキングへ

ビジネスブログランキング
ビジネスブログ100選へ


Sponsored links

Mail Magazine

無料メルマガ[役立つ仕事術]
好評配信中
メールアドレスを送信して下さい
メルマガ購読・解除
 
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能


Answer from Okina


キーワード検索 「役立つ仕事術」の回答

Categories
Recommend
Recommend
Recommend



New entries
                           
Links for Group




Archives
Recent comment
◆読者メッセージ◆






Mobile
qrcode
                             
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM